動画マーケティング

視聴者視点の動画設計図を作る。

成果が出る動画を制作する上においては、経営戦略からブレイクダウンした発想で、生活者視点を深く考え抜き、仮説でもカスタマージャーニーを立てた上で、ゴール設定をロジックを通して見据えられるように開発することが大切であり、全てを俯瞰的に把握した上でコミュニケーション設計が重要であるということは、当社の考え方においても説明をさせて頂いた通りです。

では、このコミュニケーション設計の重要性を理解した上で、どのようにして動画制作へアプローチしていけば、いいのでしょうか。
当社では、動画制作のアプローチを行うのにあたって、以下のステップで動画制作を行っています。


【当社の動画制作へのアプローチ】

flow


当社では、クライアントが求める「成果」に対して、これまでメーカー、インターネット関連企業、Eコマース事業者様のデジタル領域におけるWEBマーケティングプロモーションに活用する動画制作(動画広告・動画コンテンツを中心として)を3000本以上携わって豊富なマーケティング観点から、カスタマージャーニーやコミュニケーション全体像を設計する上において、視聴者がよりわかりやすく、よりアクションが起こしやすくなる訴求ができる「動画設計図」とも言えるロジックシートを開発してきました。

これは、ロジックシートを用いることで、企業は視聴者視点の動画はどのようなものかを考えることが出来、また動画を作るクリエイターたちは企業がどのような想いの元、この製品サービスを世の中に送り出しているのかを知る事ができるというメリットもあり、また企業にも今一度、コミュニケーション設計を考えるきっかけを作ることが多くあり、友好的な動画制作のアプローチだと言えます。

マーケティングノウハウや技術力をうたう動画制作会社も数多くありますが、それらを元に作られた映像制作は、一般的に動画制作をゴールとしているため、表面上はキレイな動画に仕上がりますが、結果的に動画制作を担当するクリエイターがクライアント様の目的をしっかりと共有しきれないため、視聴者視点という観点からズレてしまい、成果が出にくくなってしまいます。

こういった事態を避けるためにも、当社ではロジックシートを推奨しており、それによりクライアント様が求める「成果」に対して、当社が豊富なマーケティング観点から、カスタマージャーニーやコミュニケーション全体像を設計し、動画制作においてもクリエイターも巻き込んで「頑なに視聴者視点を貫く。」という発想になれるロジックシートを活用することで、企業の想いを動画に関わる全てのスタッフが理解し、視聴者がよりわかりやすく、よりアクションが起こしやすくなる訴求ができるからであり、ロジックをクリエイティブに反映させるツールとなるからなのです。


事例

  • マネックス証券イメージ

    マネックス証券

    顧客の不安払拭に成功し、 商品ページにおけるコンバージョン率がアップ。                   ●実施前の課題・目的 […]

    続きを読む

  • オイシックス株式会社イメージ

    オイシックス株式会社

    YouTube TrueView インストリーム広告事例 -「最初の 5 秒」でパフォーマンスを向上、目標の 4 倍の販売を達成             &nb […]

    続きを読む

  • 株式会社オーネット様イメージ

    株式会社オーネット様

    動画広告経由のランディングページにおける コンバージョン率・入会率がともに3.3倍アップ。 ●実施前の課題 ネガティブなイメージを払拭し、いかに「してみたい」と思っていただけるか。 結婚相談所に対して、一般的には、「料金 […]

    続きを読む

  • 大源製薬株式会社様イメージ

    大源製薬株式会社様

    動画マーケティングでユーザーと信頼関係を構築し、 新規顧客獲得前年比335%増、CVR4%後半、平均購入単価1.5倍アップ。   ●導入前の課題 動画マーケティングで、ユーザーと信頼関係を構築し、売上拡大。 動 […]

    続きを読む