当社の考え方

成功の鍵は、
カスタマージャーニーに基づく、
ロジックシートを活用したコミュニケーション設計。

近年のデジタルデバイスの多様化と高性能化、そしてインターネット回線の高速、大容量化などをはじめとした環境面での劇的な変化に加え、YouTubeなどメディアインフラの発展は、インターネット広告に大きな影響を与え、それまでのバナー広告よりも高い訴求力を持つ動画広告を発達させ、動画広告を取り扱う広告代理店や制作会社も数多く増えました。

しかし、彼らの多くはなかなか成果を出すことが難しいと口を揃えて言っています。なぜでしょうか。

理由のひとつには、クリック数などを成果ポイントとした従来のテキスト広告やバナー広告、リッチメディア広告と呼ばれる広告に比べ、動画広告は高いエンゲージメント効果や視聴者の記憶に残る特性があるため、より高次の成果を生み出せるにも関わらず、既存のテキスト広告やバナー広告と同じようなゴール設定を行ってしまっている可能性が原因の1つとして考えられます。

これはつまり、動画広告は単なるバナー広告などと違い、そのクリエイティブを通して、企業と生活者のコミュニケーションが成立するツールであるにも関わらず、それを無視したコミュニケーション設計をしているという事でもあります。

業務フロー

「頑なに視聴者視点を貫く。」という発想


どのような企業の製品やサービスでも、そこには企業の想いが込められています。

それは、経営戦略からマーケティング戦略、そしてコミュニケーション戦略へとブレイクダウンされた状態でコミュニケーション設計がなされて、はじめて製品やサービスというカタチになり、企業の想いを生活者の手に届けられています。しかしながら、今の広告はどうでしょうか。マーケッターが言いたいだけの内容の広告であったり、企業が言いたいだけの広告で、表面的な部分だけで企業の想いが伝えられていない広告が多くありませんでしょうか。

だからこそ当社では、動画広告の制作過程では、企業の想いを伝え、生活者の声に耳を傾ける「成功の鍵は、カスタマージャーニーに基づく、“コミュニケーション設計”」が一番重要だと考えており、その考えをベースとした動画マーケティングを主導しております。


H&Wの考える動画マーケティングとは

視聴者視点の動画設計図を作る。

成果が出る動画を制作する上においては、経営戦略からブレイクダウンした発想で、生活者視点を深く考え抜き、仮説でもカスタマージャーニーを立てた上で、ゴール設定をロジックを通して見据えられるように開発することが大切であり、全てを俯瞰的に把握した上でコミュニケーション設計が重要であるということは、当社の考え方においても説明をさせて頂いた通りです。

では、このコミュニケーション設計の重要性を理解した上で、どのようにして動画制作へアプローチしていけば、いいのでしょうか。
当社では、動画制作のアプローチを行うのにあたって、以下のステップで動画制作を行っています。


 

【当社の動画制作へのアプローチ】

flow


 

当社では、クライアントが求める「成果」に対して、これまでメーカー、インターネット関連企業、Eコマース事業者様のデジタル領域におけるWEBマーケティングプロモーションに活用する動画制作(動画広告・動画コンテンツを中心として)を3000本以上携わって豊富なマーケティング観点から、カスタマージャーニーやコミュニケーション全体像を設計する上において、視聴者がよりわかりやすく、よりアクションが起こしやすくなる訴求ができる「動画設計図」とも言えるロジックシートを開発してきました。

これは、ロジックシートを用いることで、企業は視聴者視点の動画はどのようなものかを考えることが出来、また動画を作るクリエイターたちは企業がどのような想いの元、この製品サービスを世の中に送り出しているのかを知る事ができるというメリットもあり、また企業にも今一度、コミュニケーション設計を考えるきっかけを作ることが多くあり、友好的な動画制作のアプローチだと言えます。

マーケティングノウハウや技術力をうたう動画制作会社も数多くありますが、それらを元に作られた映像制作は、一般的に動画制作をゴールとしているため、表面上はキレイな動画に仕上がりますが、結果的に動画制作を担当するクリエイターがクライアント様の目的をしっかりと共有しきれないため、視聴者視点という観点からズレてしまい、成果が出にくくなってしまいます。

こういった事態を避けるためにも、当社ではロジックシートを推奨しており、それによりクライアント様が求める「成果」に対して、当社が豊富なマーケティング観点から、カスタマージャーニーやコミュニケーション全体像を設計し、動画制作においてもクリエイターも巻き込んで「頑なに視聴者視点を貫く。」という発想になれるロジックシートを活用することで、企業の想いを動画に関わる全てのスタッフが理解し、視聴者がよりわかりやすく、よりアクションが起こしやすくなる訴求ができるからであり、ロジックをクリエイティブに反映させるツールとなるからなのです。